スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「シーズン9.0 愛玩獣エルペ!」「毛玉獣 ブルック!!」  グレンゼブル「…」

2010年10月03日 16:38

最近になってようやく、 Fの起動画面を小さくする方法 (Alt+Enter)を知ったちょろです。こぶにちわ。(こんなアナログな脳みそが、ネトゲやっててごめんなさい)

待ちに待ったシーズン9.0の大型アプデから、もうそろそろ一週間も経とうかという今日のメゼポルタ広場でございますが、ハンターの皆様はいかがお過ごしでしょうか?
最近は 姪っ子・剛種 の襲撃が凄まじく(子供って、どうしてあんなに元気なのかしら…ヨボヨボ)、なかなかログインできない日々が続いているちょろさんでしたが……つい先日、そんなワタクシめもとうとう行って参りましたよ。巷で噂の新フィールド「高地」!

プレビューサイトによれば、「高地」は時間によって天候が変わるとか、新しい小型モンスターがウロウロしているとかいうことで……かつて「峡谷」の存在を知った時に 「新フィールドヒャッホウ!」→見慣れた顔のゲネポスとモス(時々ガブラス)がウロウロ→「新…フィール…ド…ヒャッ…ホウ…」 の三連コンボで、ガッカリ感パネェ!を味わった人(ちょろさん自身のことですね分かります)にとってはワクワク胸熱が止まらないトキメキ素敵フィールド(なにそれ)とのこと。

新フィールドとそこに生息する新モンスターを観察すべく、日ごろ無駄に愛用している双眼鏡をポーチに詰っ込み、ついでにモンスター観察最大の障害である ジェノサイド仕様のラスタ にはバッチリとお休みをとっていただきまして……ハイ、これで準備は万端。いざ行かん!新フィールド「高地」へ出発パープーでございます。


パープー
(以下、代理人による「動物の生態に関する教育番組」風にお届け致します)






mutsugoro.jpg

ハンターのみなさん~。どうもこんにちは。
今回、古龍観測隊から特別ゲストとしてお迎えいただきました。動物大好き!モンスターも大好き!(多分)な Mツゴロウ でございますよ~。

今日はですねぇ…高地に生息する新モンスターを、ハンターの皆さんにご紹介しようかと思いましてですねェ~ハイ。
こうして一部にモザイク処理をされながらも、参上したわけですねェ。エエ。

mhf_1002_04.jpg

mutsugoro.jpg

今回、私の代理で高地の調査に向かったハンターCさんによれば、あいにくの悪天候ということで……えーとですねェ、報告書によれば 「なんだかよく分からないうちに2回ほど雷の直撃を受けた」 とのことなんですが……なんとも怖いですねェ~恐ろしいですねェ~。
いやぁ~私自身が調査に向わなくて、本当に良かったでs……ゲフゲフゲフフン……っておやおやおやおや?

どうやら早速、ハンターCさんが件の新モンスターに遭遇したようですが……

mhf_1002_05.jpg

これは草食獣の 「ブルック」 ですねェ~。
なんていうかもう、見るからにヤギュウ(ウシ科バイソン属)まんまって感じの、 手抜きスタイル をしてますけど……ああ、いえ、そのですね、カプ○コさん。なんでもないです。私はなんにも言ってませんよ。ええ、ハイ。

……えーと、気を取り直していきますよ~。
ブルックは一見大人しそうな姿をしてますけれど、やっぱり野生のモンスターですからね~。ネイチャーですからね~。
子供のブルックにちょっとでも攻撃しようものなら、お母さんブルックやお父さんブルックが、それはもう悪鬼羅刹のごとき勢いで突進してくるらしいので、ハンターの皆さんも海より深い親の愛には注意しましょう。

あ、言うまでもないことですが、 もちろん背中には乗れませんからねェ~。
mutsugoro.jpg





mhf_1002_07.jpg

mutsugoro.jpg

お次は、これも草食獣の 「エルペ」 ですね~。
高地に生息する生き物らしく、私たちにもおなじみのカモシカ(ウシ目(偶蹄目)ウシ亜目(反芻亜目)ウシ科ヤギ亜科の、ヤギ族以外、すなわち、サイガ族・シャモア族・ジャコウウシ族の3族の総称)に似た外見をしています。

……今、私、ちょっと動物博士っぽい感じの発言しましたけど聞いてました?
ちゃんと聞いてましたよね?なにせ今日の私の見せ場だったんですから、ハイ。
決して Wikiの「カモシカ」項目を丸暗記した とかじゃありませんからねェ~。皆さん分かってますよね~?ウフフフフ……


さてさて、わたくしMツゴロウの 溢れ出んばかりのアニマル知識 を、ハンターの皆さんについウッカリと、思わず、ほんのちょっとばかり披露してしまったところで……エルペの話題に戻りますよ~。

このエルペは非常に人なつっこい生き物でして……ハンターさんたちの色んなアクションに合わせて、それぞれ独特な反応を見せるようなんですね~。

それでは、ちょっと現地のハンターCさんから送られてきた写真(↓)を、ご一緒に見てみましょうか。
mutsugoro.jpg

mhf_1002_01.jpg
mhf_1002_03.jpg

mutsugoro.jpg

おやおや、ハンターCさんってば……。
本人は気付いていないようですが、なんだか あくどい土建屋か土地転がし みたいなことを考えている様が、ダダ漏れになってますねェ……

エルペが可愛いらしいという気持ちは、私にも分かりますが……あとでコッソリとギルドナイトとマイトレ管理人、ついでに酒場と服屋のヌコにも、この1枚を見せておきましょうね……ウフフフフ……

mhf_1002_00.jpg
mhf_1002_02.jpg

これらの写真で見られる反応の他にも、アクション「踊る」→一緒に周りを跳ね回るなど、エルペは実に多彩な動きをするようですねェ~。
想像するだに微笑ましい光景ではありますが、狩猟を生業とする血に飢えたハンターさんたちを相手に、そこまで無防備かつ無警戒な態度で果たして本当に良いものなのかと、野生動物としてのエルペたちの未来に一抹の不安を覚えますねェ……

まあ、 何もしてないのに「ジワジワと背後から接近→執拗なタックル」をかましてくる某アプ○ロス に比べれば、 怒りから来る無意味な血の粛清 が行われないぶん、エルペのほうがある意味では生き易いのかもしれませんが……

mutsugoro.jpg





mutsugoro.jpg

それでは、私からの解説はこの辺にしましょうかねェ~。
北海道のMツゴロウ王国のほうも色々と大変ですし……って観測隊の方、すいませんが ここはオフレコ でお願いしますよ?(※生放送なので無理でした By 古龍観測隊広報部)

それではハンターの皆さん、またどこかでお会いしましょうねェ~。
動物大好き!モンスターも大好き!(多分)な Mツゴロウ でした…………おぉ~よ~しゃよしゃよしゃよしゃ……

※ 古龍観測隊からのお知らせ

今回、Mツゴロウ氏の代理人として、調査対象地である高地に向ったハンターC氏からの報告書には、ブルックやエルペの生態に関する上記の記述以外に、 400字詰の原稿用紙に換算しておよそ623枚分の「エルペラブリー(´∀`*)ポッ という記載がありましたが、無意味な上にウザッたいという当方独自の判断により、今回は焼却処分……割愛させていただきました。ご了承下さい。

古龍観測隊一同







あれ、なんか忘れてるような……

mhf_1002_06.jpg
「ただ今の高地における総SS数」
エルペ 22枚
ブルック 14枚
景色 6枚
グレンゼブル ↑コレだけ
スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。