スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

P3販売の列を見て、「なんだかドラクエ3発売日のことを思い出すねぇ」と後輩に言ったら、「何のことですか?」と言われた。

2010年12月04日 15:38

いつぞやのキャンペーン中に、リアル貧乏のちょろさんにしてはめずらしく1000円という大金を支払って購入した「イメチェンポイント」が、なんだか1Pだけ残っていたので。
どうせだったら脱・色白アルビノキャラを目指して、地黒+白目の無駄に強そうなストームフェイス(By X-MEN)(↓)にしようかと、リアフレの3鯖氏にメールで相談あのねのね、したところ。

mhf_1203_1.jpg
(だってほら、 「ワールウィンド」 とか使えそうじゃん?)

送信ボタンを押すやいなや、光の速さで 「却下」 の2文字が送り返されてきまして、深夜の3時過ぎてたのにちょっと驚いちゃったじゃないかよこのやろう!なちょろです。こぶにちわ。(そんな時間帯に、なんてどうでもいいメールを送ってるんですかちょろさん

その後の3鯖氏による、半ば脅迫めいた説得もありまして、最終的に 「お前ピノコに似てるし。」 という理由から、半強制的にこんな顔(↓)を選択させられました。

mhf_1203_00.jpg
あ、まちがえた。

mhf_1203_02.jpg
正解は、こっち。
(見ればわかる)

mhf_1203_04.jpg
ついでに合成してみt 「自重してください。」
(でも意外と違和感ないね!
(もう黙れ)




さて、12月1日からP3での狩猟が解禁し、多くのメゼポルタギルドに所属するハンターさんたちが、こっそりとユクモ村専属ハンター稼業との 二足の草鞋を履き始めた かと思われる今日この頃。
全国の狩人諸兄はいかがお過ごしでしょうか。

かくいうちょろさんも、30日の朝からもうワクワクソワソワドキドキウフフなんぞと挙動不審に陥りつつ、無駄にPSPをフル充電しては、12月1日にお越し下さるであろう神の使者(佐○急便)の到来を、それはもうルーツさん並みに首を長ーくして待っていたりなんぞしていたわけですが。






半月以上前に予約したにも関わらず、 神の使者(○川急便)は1日遅れの2日(しかも夜)にご降臨あそばしました。


……いつぞやのトライのときを髣髴とさせる、既視感パネェ!なAmazonと佐川のダブルコンボ攻撃の発動に、思わず弓道用の弓をかついで荷物の集配所を 火矢 でもって襲撃し、神の使者であるはずの「佐川○便」を、文字通り 「死者」 へと変えて、神の御許に送り返してやりたくなった、そんな冬の日。
「飛脚メール便」の飛脚の文字がやけに悲しく見えたのは、たぶん気のせいなんかじゃないと思う。

「飛脚メール便だと…?」
mhf_1203_03.jpg




飛脚 【ひきゃく】
速く走る者、 手紙を運ぶ者という意で、平安時代末期から現れ、初めは馬を用いない通信使をいったが、一般には乗馬の急使をいった。
江戸時代には信書、為替や小貨物などを運送した業者およびその運送方法をいい、幕府公用の継(つぎ)飛脚、江戸と領国との間を往復した大名飛脚のほか、江戸の定飛脚、京の順番飛脚、大坂の三度飛脚など、民間でも迅速で確実な 通信・運輸手段として発達。各地に飛脚問屋ができた。

『百科事典マイペディア』より、一部抜粋

佐○はこれを100回読みなおせ。
(いやマジで)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。