スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年明け初のエントリーがこんなんとか、もうホント先が思いやられうわなにをするやめr

2011年01月06日 13:09

御節料理:
現代では保存がきく作り置きの正月の料理となっている。これは、「神様をお迎えした新年に台所を騒がせてはならない」、という考えによるものである。
転じて、煮しめた保存食により 女性が正月三が日に休めるように、 とも言われる。

(ウィキペディアより一部抜粋)


……なんて大ウソを言い出したヤツは、 今すぐ昆布巻きのかんぴょうに首を巻かれて窒息してしまえ と思っているちょろです。こぶにちわ。


だいたい口の肥えた今時の若い衆が、カマボコやら黒豆やら紅白なますやらのあっさり系ばかりで満足するはずもなく……やれ肉が食いたいの揚げ物が食いたいのなんだのほいだのピーピー言いやがるものですからねイッヒッヒ。
結局は新年早々から、和服に割烹着に姉さん被りという、 「それなんて磯野フネ?」 な格好で台所に立つハメになるちょろさん。

「そんなにこってりしたものが食べたかったら、とっととケンタッキーにでも行ってチキンバーレル買ってこいや!」と、襟首掴んでわめき散らしたいのをぐっと堪えつつ、すでにお屠蘇で上機嫌の男衆や、すっかりお客さん気分で腰を据えている親戚一同を横目に、ヒンヤリとした台所で一人孤独に大量のエビフライを揚げ続けるのは、ちょっぴり切なかったです。(その上、いざ自分も食べようと思った時には、もうエビフライ一本も残ってなかったよ!)(尻尾しかなかったよ!よよ!)


それだけなら、世のお母様方や主婦の皆々様もやっておられることでございますし(ちょろさん、お母さんでも主婦でもなんでもないんだけどねドチクショイ!)、お正月だもの仕方がないかしらん……とあきらめもつくのでございますですが。(エビフライ以外は)(うん、エビフライ以外はね)


姪っ子・剛種を筆頭に、イトコだのハトコだの日ごろ何の接点もない親戚のおっちゃんの孫だのなんだのが、まるで飢えたハゲワシのようにワンサと群がって来ては、リアルでもマイナススキル「万年金欠」が発動しているちょろさんから、 「君たち【高速剥ぎ取り】でも付いてんのん?」 と思うような素早さと貪欲さでお年玉を毟り取っていき……そう!これこそまさに文字通りの 「餓鬼」! (上手いこと言った!)(そうでもないですよ、ちょろさん

しかもクソガキちびっ子どもめ。
彼奴ら追い剥ぎだけでは飽き足らないのか、その後もしつこくまとわりついてきては、やれ凧揚げしようだのマリオカートしようだの坊主めくりしようだのああだのこうだのって ああもうホラまた蝉丸引いちゃったじゃないのくぁwせdrftgyふじこlp;@ーッ!!








そもそも。
なぜ毎年お正月になると、この一族は皆揃って 坊主めくり をしているのか……
なぜ百人一首ではないのか……

……
………そしてなぜ、 私は毎回高確率で蝉丸を引いてしまうのか……知らんがな


ではここで
突然ですが、お正月らしく一句。
semimaru_bouzu.jpg


semimaru_bouzu1.jpg








今年も こんな感じ ですが、皆様どうぞよろしくお願い致します。
(そこ、「ヤダ」とか言わない)



スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。